毎日の習慣に!自宅で出来る髪のケア

それ正しいの?思い込みのヘアケアから脱出しよう!

髪の毛というより頭髪を考えたらわかるかも

実は洗髪前にも気を使うことで、美しい髪を保つことができます。 逆に、この手間を少し雑に行うと、徐々に髪にダメージがきます。 常に美しい髪を手に入れるために、洗髪前のケアについて考えたいと思います。 毎日のお手入れの時、少し注意してやってみてください。

ただ洗うだけでは髪は美しくならない!

洗髪中、どんなことに気をつけて洗っていますか? 逆に、美容室に行った時のシャンプーの手技を、意識した事はありますか? 髪は汚れを落とすことは大切ですが、落とし方があるのです。 洗髪の時に注意しなければならないことを、考えてみたいと思います。 髪や頭皮の清潔について気にしてみましょう。

最後の仕上げは、正しいヘアドライ

最近、随分とヘアドライアーの正しい使い方について、情報が流れることが多いように思います。 基本のキから、もう一度おさらいしたいと思います。 解っちゃいるけど、やってしまうそのクセ。 髪が泣いているので、少し労わってあげてくださいね。 優しく丁寧にケアすると、必ず答えてくれるのが自分の髪です。

洗う前から始まるヘアケア

今回、この記事を作成するにあたり、様々な事を知るとスキンケアとの共通点が多いことに気が付きました。
頭髪というよりは、頭皮のケアが最終的に健康で美しい髪につながるのではないか?という事です。

以前、顔と頭皮って一つの皮膚なのに、洗顔ことはよく話されるけど頭のことは今一つだなぁと思っていました。
最近は、シャンプーの商品をみても、ノンシリコン・合成界面活性剤不使用・鉱物油不使用などとナチュラル感を全面に出した商品がとても多くなってきました。
これは少し前の、フェイシャル関係の商品で流行した現象と同じだと思います。
つまり、顔と頭皮はようやくつながって、皮膚という枠で考えられて始めた証拠ではないでしょうか。

そう考えると、髪と頭髪のケアについて考えることはシンプルになります。
つまり、洗顔やフェイスケアにとってダメとされていることは、髪や頭髪にも共通することがあるということ。
洗顔の時、強い刺激でゴシゴシ擦らないですよね?
必要以上の温度で洗うと、顔がつっぱりますよね?
優しく泡立てて、洗顔しますよね?
顔を洗ったあとは、やさしくタオルでポンポンと水気を拭き取りますよね?
開いた毛穴をキュッと閉じるためのケアをしますよね?
これって、頭皮や髪の毛にも同じケアだと思うんです。

こうして考えると頭皮、つまり皮膚は必要以上の刺激に弱く、何等かの強いストレスにさらされた時、自分の皮膚もしくは頭皮を守ろうとしてバリアを張ろうとする。
それが、皮脂等の異常分泌だったりするため、よかれと思って徹底洗浄するとかえって頭皮や皮膚がべたつくという現象が起こります。
頭皮もお顔もほどほどに、優しく洗って、美しい状態が保たれればいいですね。